千鳥屋

九州で愛し続けられて三百七十余年!

今回紹介する「千鳥屋」は九州福岡で愛され続けている老舗のお菓子屋さん!

 

 

創業は寛永七年(1630年)にまで遡るので創業以来三百七十余年を経た老舗中の老舗です。

 

 

ところで、江戸時代から続く老舗のお菓子屋さんといえば和菓子をイメージしますよね。

 

 

でもそこは鎖国中でも出島を通じて外国人との交易が許可されていた九州地方ですから、洋菓子の影響を強く受けたお菓子が当時から作られていました。

 

 

その代表的な存在が小麦を原料とした「丸ボーロ」や「カステラ」です。

 

 

創業当初は佐賀藩内で松月堂という屋号で商売を営んでいたのが前身です。

 

 

戦前の昭和2年(1927年)には福岡県嘉穂郡飯塚町住吉の旧中央市場(現在の飯塚市本町の永楽通商店街)入り口付近に松月堂の飯塚支店として「千鳥屋」を開店、千鳥饅頭、丸ボーロ、カステラの3品を専門に製造販売開始し、人気を博しました。

 

 

これが現在の千鳥屋本店の始まりです。

 

 

その後太平洋戦争を経て、初代本店は強制疎開によって壊され、飯田川の対岸に転居しそこで営業再開。

 

 

物資が不足する中でもなんとか営業を続け、戦後福岡市の新天地商店街内に福岡支店を出店。現在に至っています。

 

 

まさに九州の激動の時代とともに歩んできたと言えますね。

 

伝統と革新と

戦後ようやく物資の調達が容易になり本格的に事業が再開されると、お菓子作りにも熱が入り、職人たちは大いに腕を振るい、昭和27年(1952年)には千鳥饅頭が横浜で開かれた全国菓子大博覧会で名誉大賞牌を受賞し、「銘菓」としてのお墨付きを頂き大人気となり、続く昭和29年(1954年)には京都市で開かれた、全国菓子大博覧会において「カステラ」が名誉大賞牌を受け、高松宮殿下(名誉総裁)に「千鳥饅頭」を献上するという快挙を達成し、名実ともに九州における菓子どころとしての地位を揺るぎないものにしました。

 

 

 

しかし、伝統におごることなく、その後も新商品の開発に勤しみ、昭和37年(1962年)には長年に及ぶドイツでの修行・研究の末に新しい和洋折衷菓子ともいえる洋風巻きせんべいの「チロリアン」の開発に成功、販売を開始します。

 

 

翌年には当時まだ珍しかったテレビでのCMをいち早く開始し、「チロリアン」の名前は全国区となりました。

 

 

現在のラインナップには

 

  • チロリアン
  • 千鳥饅頭
  • 丸ボーロ
  • カステラ

 

といった屋号を代表する銘菓をはじめとして

 

  • 白露しずく
  • アルペン
  • 花千鳥
  • 千鳥サブレ
  • 博多りっちゃん

 

など和菓子洋菓子の枠を超えたお菓子の数々がリリースされています。

 

 

長きに渡り愛され続けた日本の伝統のお菓子の味を是非一度ご賞味ください!

 

千鳥屋発祥の地、本家福岡県飯塚工場から直送されています。

お子様のおやつにお菓子は欠かせなくなっていますが、毎日食べるものなので、安全性の高い商品を選んであげる必要があります。

 

 

千鳥屋は福岡が発祥の地になっており、高品質で上質な素材を使用した和菓子や洋菓子を取り扱っているので、安心して購入ができます。

 

福岡の飯塚工場は、衛生管理が行き届いており、清潔で安全性に優れた水を使用しているので、お子様から高齢者まで安心して食べられます。

 

千鳥屋の代表的なお菓子のチロリアンは、素朴な風味を損なわないように、独自の製法で筒状に焼かれており、コーヒー豆やバニラ、ストロベリーの3種類の味がとてもおいしい商品です。

 

 

クッキーとクリームの相性が良いため、緑茶やコーヒー、紅茶と一緒に味わうとおいしいので、ティータイムに最適です。

 

 

千鳥屋では伝統的な千鳥饅頭や丸ボーロ、カステラなどのお菓子を販売しており、近くにお店がなくても、インターネット通販を利用して購入ができます。

 

 

福岡の飯塚工場からの直販になっているため、安心して購入ができます。

 

 

千鳥屋は寛永7年から創業をしている老舗のお店で、千鳥饅頭は伝統的な丸ボーロやカステラから生まれた和菓子です。

 

 

千鳥屋のある福岡は自然と緑が豊かな地域ですし、ミネラル成分が豊富に含まれた豊かな水源があります。

 

千鳥屋の洋菓子や和菓子はインターネット通販で購入できます。

丸ボーロやカステラは素朴なお菓子ですが、使用する素材が上質でないと味に差が付いてしまいます。

 

 

千鳥屋では50年以上の長い経験のある職人が在籍をしており、丁寧に作られたお菓子が揃っているので、地元でも信頼が高くなっています。

 

 

インターネット通販を利用すると、数多くのお菓子が販売されているので、高齢者やお子様のおやつに購入してみると良いでしょう。

 

 

大切な人にギフトを贈りたいという人には、千鳥屋の人気のお菓子が箱詰めになった商品も販売しているので、きちんと梱包をして発送してくれます。

 

 

千鳥サブレはかりっとした固めの触感になっており、歯ごたえのあるお菓子です。

 

 

白露しずくは、北海道産の小豆を使用しており、寒天に小豆を加えた和菓子なので上品な味わいが特徴になっています。

 

 

優しい甘味が特徴になっており、日本茶と相性が良いので、家事や育児の合間に味わうと疲れが取れるのでお勧めしたいです。

 

 

良質な卵を使用したシンプルなカステラや、栗やチョコレートを使ったお菓子も揃っているので、気に入った商品が見つけやすくなっています。

 

 

中高年以降の年代の人はもちろん、若い年代の人にも好まれる味付けが特徴です。

 

伝統のカステラと丸ボーロから誕生した千鳥饅頭も人気です。

福岡の和菓子といえば、創業三百七十余年の老舗「千鳥屋」です。

 

 

通販サイトもあるので、全国どこからでも注文をして、贈答品として、自宅用として利用することができます。

 

 

千鳥饅頭、チロリアン、カステラ、丸ボーロといった定番のお菓子が人気です。チロリアンは素朴な風味の筒状のクッキーに、コーヒー、バニラ、ストロベリーといった3種類のクリームをたっぷりつめたお菓子です。

 

 

クッキーにクリームがしっとりなじみ、お茶請けにもコーヒータイムにもぴったりです。

 

 

変わらないイラストの入った缶入りのクッキーは、贈り物としても人気の高い定番商品です。

 

 

千鳥饅頭は、創業寛永7年以来の伝統のカステラと丸ボーロから生まれた、定番の和菓子です。いつ食べても変わらない味は、ふるさとの味でもあります。

 

 

年齢にかかわらずどんな人にも愛される味は、目上の方への贈り物にも安心して選ぶことができます。

 

 

古くから地元の人に愛されてきたおいしいおまんじゅうです。

 

自然豊かな飯塚工場で製造されている元祖千鳥商品をお届け!

白露しずくは、寒天にあずきを包み込んだほっとする甘味の和菓子です。小豆は北海道の小豆を使い、自家製の粒あんを固めています。

 

 

外側には餡子をうすくコーティングして、口に入れるとさくっとした食感が楽しめます。餡子を使った和菓子の中では軽めの口当たりで、年齢に関係なく、和菓子が苦手な人にも愛されている一品です。

 

 

お茶受けに、贈答品に、上品な和菓子を探している時におすすめです。

 

 

6個入りから24個入りまでありますから、用途にあわせてサイズを選べます。1配送先につき一定の金額以上で送料は無料になります。

 

 

水にはこだわりがあり、福岡の遠賀川源流のミネラルが豊富に含まれたおいしい水をたっぷり使っています。

 

 

国産の安心して楽しめる和菓子です。また、国産の小豆、インゲン豆、小麦、牛乳、砂糖、卵といった材料は、農家を見学して信頼できる品質のものを長く取引しています。

 

 

洋菓子のチョコレートはカカオ豆なので、さすがに海外からの輸入ですが、現地へ出かけて研究をした結果、カカオ豆からチョコを作れるまでになったそうです。

 

 

古くからの職人さんの手作りは、変わらないおいしさがあります。おすすめです。

 

>>千鳥屋総本家 公式通販ショップはこちらから<<